歯科におけるマイクロスコープの導入について

歯科の医療現場でも、マイクロスコープを導入する動きがあります。マイクロスコープは、外科や眼科の世界では当たり前のように利用されており、それだけ精密さが求められています。
歯科の世界においても、医師の肉眼やレントゲンの影の様子だけでは十分に把握することができない部分が存在します。



そのような部分の処置は、医師による長年の勘をはじめとする経験に基づいて治療が進められています。
ほとんどのケースが完治に至りますが、それでもどうしても再発を繰り返す人たちもいます。


すべての患者たちにとって、完璧さをもたらしてくれるのがマイクロスコープの役割になります。また、複雑な歯の構造の中で、治療すべき部分にたどりつくためには、治療用のスペースの確保をせざるを得ず、多めに歯を削ったり抜いたりしなければならないこともあります。



そのような工程を減らして、必要最小限の処置にとどめることも可能となります。

マイクロスコープを利用する場合は、自費による治療となることから、患者側も利用を敬遠し、歯科側としても技術を高めることが後回しになっていることから、なかなか普及していかない面があります。
また、治療期間も長目になることから、合間を縫って通院する患者にとっては、早めに治療を済ませたい思いもあるので、なかかな定着していきません。
患者の口内環境にできるだけダメージを与えずに回復させるメリットがある以上は、費用負担の見直しをおこないながら早期普及が望まれています。